遊戯王 VRAINS(ヴレインズ)6作目アニメ最新情報

遊戯王 VRAINS(ヴレインズ)6作目アニメ最新情報

詳細

5作目遊戯王アークファイブが3月に最終回を迎え、
遊戯王シリーズ6作目となる遊戯王VRAINS(ヴレインズ)が2017年5月から放送開始することが決まりました。放送予定時間は、テレビ東京で毎週水曜日18:25からとなります。
※放送予定日は、5月からとの情報だけになります。
放送日時が決まりましたら随時報告します。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の主人公は?

詳細

今作の主人公の名前は、藤木遊作(ふじきゆうさく)。高校生の主人公になります。
常に冷静で、頭の切れるクールな性格で、ハッカーとしての才能があり、状況判断能力も鋭いとのこと。
また、目立つことを嫌い学校のクラスでは存在感は少し薄いキャラクターという一面もあります。

 

詳細

今作のデュエルシーンはLink Vrains(リンクヴレインズ)というバーチャル空間でスケートボードのようなものに乗ってデュエルを行います。バーチャル空間では、アカウント名が存在して「アカウント名:Playmaker(プレイメーカー)」としてバーチャル空間の中でアバターのように姿を変えて、主人公の見た目もコスチュームも変化します。
今回から、大幅にルール変更が行われた「新マスタールール」のもと「リンク召喚」を中心に物語が繰り広げられていきます。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)ストーリー内容

詳細

あらすじ

 

ネットワークシステムが発達した都市:Den City(デンシティ )。そこでは大企業『SOL テクノロジー社』が作り上げた高度なネットワーク技術により、『LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)』と呼ばれるVR空間が構築され、人々はその VR 空間での新たなデュエル体験に熱狂していた。

 

『LINK VRAINS』に、デュエルによるハッキングを仕掛ける謎のハッカー集団『ハノイの騎士』が現れる。彼らの狙いはネットワークのどこかに存在するという『AIたちの世界=サイバース』を滅亡させる事にあった。

 

しかしそんな『LINK VRAINS』の脅威に立ちはだかる1人のデュエリストがいた。彼の名は“Playmaker”。圧倒的なデュエルで『ハノイの騎士』を倒し、何も語らずに去っていく彼の名は、ネットワーク世界で一躍有名になる。その“Playmaker”の正体である高校生『藤木遊作』は、過去に起きた事件の真相を探るため、VRAINS に出没する『ハノイの騎士』を追っていたのだった。

 

(引用元:遊戯王ヴレインズについて

 

遊戯王歴代主人公のエースモンスター紹介

今までの主人公が使うエースモンスターは、全て【攻撃力2500】でしたが遊戯王VRAINS(ヴレインズ)の主人公の藤木遊作が使うエースモンスターは、闇属性で攻撃力が2300と少し攻撃力の低いエースモンスターとなります。ストーリーの途中でまさか、エースモンスターが変わることがあるのでしょうか?
また、今回から新たに加えられたリンク召喚の効果も気になるところです。
それでは、エースモンスターを歴代の主人公と一緒に見比べてみましょう。

 

1作目・武藤遊戯(遊戯王~遊戯王デュエルモンスターズ)

詳細

ブラック・マジシャン

詳細

属性 闇属性
レベル 7
種族 魔法使い族
その他項目 通常
攻撃力 2500
守備力 2100
カードテキスト
魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラス。

2作目・遊城十代(遊戯王デュエルモンスターズGX)

詳細

E・HERO(エレメンタルヒーロー)ネオス

詳細

属性 光属性
レベル 7
種族 戦士族
その他項目 通常
攻撃力 2500
守備力 2000
カードテキスト
ネオスペースからやってきた新たなるE・HERO。ネオスペーシアンとコンタクト融合する事で、未知なる力を発揮する!

3作目・不動遊星(遊戯王5Ds)

詳細

スターダスト・ドラゴン

詳細

属性 風属性
レベル 8
種族 ドラゴン族
その他項目 シンクロ/効果
攻撃力 2500
守備力 2000
カードテキスト
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:このカードの①の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。

4作目・九十九遊馬(遊戯王ZEXAL)

詳細

No.39 希望皇ホープ

詳細

ランク 4
種族 戦士族
その他項目 エクシーズ/効果
攻撃力 2500
守備力 2000
カードテキスト
レベル4モンスター×2
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスターの攻撃を無効にする。②:このカードがX素材の無い状態で攻撃対象に選択された場合に発動する。このカードを破壊する。

5作目・榊遊矢(遊戯王ARC-V)

詳細

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

詳細

属性 闇属性
レベル 7
ペンデュラムスケール 4
ペンデュラム効果
攻撃力 2500
守備力 2000
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。②:自分エンドフェイズに発動できる。このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。

6作目・藤木遊作(遊戯王VRAINS)

詳細

デコード・トーカー

詳細

属性 闇属性
リンク 3
種族 サイバース族
その他項目 リンク/効果
攻撃力 2300
守備力 -
カードテキスト
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。②:自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

遊戯王  VRAINS(ヴレインズ)まとめ

まだ、アニメは始まっていませんが、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)について判明している限りの情報を記事にしてみました。今回「新マスタールール」の大規模なルール変更で、これからでてくるカードがどのような効果を持っているのか、まだわからないことだらけです。5月放送予定のアニメの放送日時や、2017年5月13日に発売される10期目のブースターパックの情報など入り次第紹介していきたいと思います。